人身事故でも任意保険

交通事故を予測して任意保険に加入される方はいないと思いますが、もし事故に遭ったとしたら車も傷みますし、負傷するかも知れません。
実費で全てを賄うのは大変難しいと思います。
ましてや加害者側ともなれば全てを実費で負担することは大抵の方なら無理となるのです。

人身事故であろうと物損事故であろうと任意保険に加入していなければ、器物に対する補償は一切受けられません。
任意保険には対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険などの項目があり、無保険車傷害特約、自損事故傷害特約を特約事項として付加することもできます。
また、自己所有の車に対しても車両保険に加入していれば全てが解決できるのです。
車を所有する以上必ず加入しなければならない保険があります。
それは人身事故の被害者救済に特化した、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)です。

この様に、人身事故に対しては任意保険も自賠責保険も対応していますが、物損事故やその他の補償は全て任意保険で処理されます。
双方の保険で共に言えることは、過失割合に対する考え方がありますが、被害者救済を目的としている自賠責保険では緩く設定されているのです。
任意保険に加入していなければ、人身事故で死亡させた時、自賠責保険から給付されるのは3千万円が限度で、後遺障害がある場合は4千万円が限度ですので、民事裁判等でこの額以上の金額の賠償を命じられたら、実費で支払わなくてはなりません。



□特選外部リンク
交通事故 >>> 交通事故の被害者を救済するため無料相談を受け付けている法律事務所です。

Copyright © 2014 人身事故と物損事故の違い All Rights Reserved.